2型糖尿病の患者さんは、全員食べ過ぎか?

答えは簡単です。もちろんNOです。
糖尿病発症患者の食生活が、その他の人より悪いのであるならば、一定レベルを超えた肥満の人全員が糖尿病でなければなりません。

では、なぜそのように言われるのでしょうか?
偏見なのでしょうか?


糖尿病になる要因は、食生活だけではありません

糖尿病の患者様よりあれほど太り・あんなに食べて・好きなだけ飲んでという生活をしていても、糖尿病でない友人や上司が居られると思います。

つまり、糖尿病の発症には遺伝的な要因等も関連している可能性が高いのです。

結論として、糖尿病の原因は一概に食べすぎとは言えません。

ただし、それは平均的な日本人の食生活に比較してという意味であって、その患者様の体や体質に対しては食べすぎである可能性は、無論残っています。