糖尿病性神経障害について

糖尿病性網膜症の場合は失明へ、糖尿病性腎症は腎臓の人工透析へと、ある意味分かりやすい終点があります。

しかし神経障害には終点がありません。
なぜなら神経そのものが全身どこにでもあり、それらが司る機能は様々だからです。


神経障害は糖尿病合併症の中で1番起きやすい

また3つの糖尿病合併症の中で1番に起こるのが神経障害です。
糖尿病が発症してから血糖値が高いままだと早ければ3年ほどで神経障害が起こることがあります。

最も有名なものは、脚先の感覚が低下することです。
軽症のうちはほとんど自覚症状がないことが多く、障害が進んでから手足の指先が時々しびれる、足の裏に違和感があるなどといった症状が現れはじめます。

また感覚の神経だけでなく、普段意識をしない機能を司る自律神経にも障害が出てきます。代表的な症状としては、めまい・立ちくらみ・便秘と下痢(胃腸障害)・男性機能の低下(ED)・汗の分泌低下などがあります。