本物の、そして初めての本格的な肥満治療薬!(オブリーン®)

『肥満症』という病名が付かないまでも、太っていることに悩む方は多くおられると思います。この薬は、はじめての本格的なダイエット薬と言えるものです。なぜならその使用基準がBMI>25と、いままでの薬剤と比べ、非常に軽度の肥満から使用可能なのです。


オブリーン®は日本ではじめてのリパーゼ阻害薬です

この薬は、日本ではじめてとなるリパーゼ阻害薬といわれる薬です。リパーゼというものを止めることで、腸からの脂肪吸収を抑制し、結果として体重が減少します。なお世界的に見ると、欧米では同じリパーゼ阻害薬であるオルリスタット(商品名Xenical:日本未承認)が発売されております。当院では、希望があれば自費診療にて使用しており、よってこの薬の使い方については、すでに習熟しているものと考えております。


保険診療の対象範囲

ただし、処方箋を使い保険診療で使用できる患者さんは
         『体重が重く(BMI>25)』
           +『血糖値が高い』
           +『コレステロールが高い』
の3つをすべて満たしている必要があります。しかし、糖尿病を有している患者さんの半分程度はコレステロールが高く、また半分以上の方はBMIが25以上です。よって、想像以上に多くの患者さんで使用が可能と考えています。


2013年12月下旬から2014年1月の間に発売されると予想しています。当院では、この新しい治療を試してみたい患者さんを全力で応援するつもりです。ご興味があればぜひ、一度ご相談下さい。