α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI製剤)

特徴 小腸での糖質の消化・吸収を遅らせて、食後高血糖を改善する
食事で摂った糖(ブドウ糖)の吸収を遅らせることにより、急激な血糖上昇を抑え、インスリンの遅れた分泌に合わせようとするもの
服用時間 食事前10分
1日3回食直前
★「いただきます」の合図で内服してから、食事をとる
飲み忘れた時 気が付いたら飲む
次の食事まで3時間ない時は飲まない
注意すべき副作用 ・お腹が張る
・おならの回数が増える
・下痢(特に飲み始めや飲む量を増やしたときに起こることが多い)
・心不全悪化
低血糖を起こしたとき ブドウ糖摂取
ブドウ糖の入っている飲料を服用
シックデイの時 消化器症状(嘔吐・下痢)が完全に治まるまで中止
食事量半分以上・・・薬量通常通り
食事量半分程度・・・薬中止
食事量少量以下・・・薬中止

セイブル®、ベイスン®、グルコバイ®

その他、新しい糖尿病治療薬についてはこちら