スルホニル尿素薬 アマリールR、グルミクロンR、ダオニールR、オイグルコンR、グリメピリドR

特徴 すい臓のインスリン分泌を促進して、血糖値を下げる
薬の有効血中濃度を高め、インスリンを分泌しやすい状況にしておいてから食事をすると、インスリンがすぐさま分泌されやすく、血糖値が下がりやすくなる。
インスリン分泌能のある患者に処方される
体重多めの患者に処方されることが多い
空腹時血糖の降下を目的として使用される
服用時間 食事前  30分
1日1回なら朝、1日2回なら朝夕食前
飲み忘れた時 飲まない
注意すべき副作用 低血糖
体重増加(食事療法や運動療法を怠ると起こりやすい)
低血糖を起こしたとき 糖質摂取
シックデイの時 食事量が半分以上・・薬量通常通り
食事量半分程度・・・薬量半分
食事量少量以下・・・薬中止

アマリール®

その他、新しい糖尿病治療薬についてはこちら