HbA1cはなぜ
過去1〜2ヶ月間の血糖値を示すのか?

ヘモグロビン(血色素)は赤血球の成分のひとつです。
赤血球の寿命は約120日であり、その間にブドウ糖と赤血球のヘモグロビンが結合します。

ブドウ糖とどのぐらい結合するかという割合は、血糖値と時間に依存します。
そのため血糖が高く長い状態が続けば、それだけ多くのヘモグロビンに糖がくっつくことになります。

そしてそれを詳しく調べてみると、採血時からさかのぼって過去1〜2ヶ月間の実測の血糖値の平均が、HbA1cの値と相関していることがわかったのです。