糖尿病の原因

糖尿病の原因についてですが、これにはいろいろ原因があります。
現代においてもすべての原因が明確にされてはいません。
しかし大きな原因として、少なくとも3つあるようです。


遺伝によるもの

ひとつめは、遺伝によるものです。
糖尿病を患った人が近親にいる人は、いない人よりも糖尿病にかかる確率が高いようです。

糖尿病にかかりやすい食生活をしている場合もあるので、すべてのケースで遺伝子的な要素があるとは言えませんが、関連があることは確かなようです。
なお、肥満しやすい体質(遺伝)や内臓脂肪が貯まりやすい体質(遺伝)もあります。


生活習慣によるもの

次は、生活習慣によるものです。
よく食べる生活習慣やあまり運動しない習慣が、発症を支えている側面は否定できません。

また、肥満は比較的はっきり説明できそうですが、実は違います。
特に2型糖尿病の患者様の場合、BMIが高いように思われますが、初診時の値では必ずしも高いとの報告ばかりではありません。
よって見方を変えれば、肥満が発症を加速させているのかもしれません。


年齢によるもの

3つ目に、年齢によるものが挙げられます。
糖尿病にかかる確率は、年齢とともに上昇するようです。 しかし、これはただのエイジング(老化現象)ともいえます。

これら3つの原因等が複雑に絡み合い、病気発症の可能性が高まるものだと考えられます。