看護師による糖尿病療養指導の現場から

2017/6/19
針って毎回交換するんですか?

「持ち運びがめんどくさいんだけど」
患者様から言われました。
「針をつけっぱなしにしておいたら、なぜいけないの?」
「自分しか使わないんだから別にいいじゃん」

強化療法でインスリンを1日4回注射している患者様から聞かれました。
今まで先生に聞こうと思っていたけど聞けなかったから、思い切って聞いてみようと思いましたと。

〜解説〜

針を毎回交換する理由としては、以下があげられます。

  • 1回きりの使い捨てである
  • 針の先端がつぶれ、穿刺時に痛みの出現が考えられる
  • 衛生的でない
  • 正確なインスリン量の接種が出来ない可能性がある

基本的には1回限りの使い捨てです、とお伝えしました。

日本BD社が作成した「インスリン注射と災害時の備え」の冊子には、注射針は毎回交換することが原則ですが、もし、注射のために使用する針が足りなくなる場合は、非常手段として針を再使用して注射しましょう、とあります。

社団法人日本糖尿病協会が作成した「災害時サポートマニュアル」の冊子にも、注射針は1度使用したら、絶対に他の方に使用してはいけません。血液から感染症を起こす恐れがあります、と記載されています。

インスリン針は「再使用はしない」

このことを原則として覚えておいてください。
非常時の対応は、上記にありますが、他の方との共有は絶対に避けてください。