看護師による糖尿病療養指導の現場から

2017/5/22
水分をどうやって生活の中に取り入れていけばいいの?

水分摂取を推奨したら患者さんに聞かれました。

さあ、どうしたらいいのか?
一緒に考えました。

3回の食事の時、入浴の前後、就寝前、間食の時(10時、15時)
合わせて8回の水分摂取のタイミングを見つけることができました。
「これならできそう。全部じゃなくていい?」
できるところからやってみましょう、と声をかけました。
できなかったら来月また一緒に考えます。

〜解説〜

水分は一気に摂ると尿排泄されて、体内に残りません。
1日に上記のタイミングだけでも8回のチャンスがあり、十分な水分摂取が確保できます。 1回200ml×8回=1600ml となります。

水分摂取で心がけること
  • 朝起きたらすぐに水を飲むと体の作用に良いので、これを「くせ」にする
  • 一度に多く飲むのではなく、分けて飲む
  • 喉が渇いた、と感じる前に水を飲む
  • 運動中も水分を補給する
  • 利尿効果がある飲み物については、飲みすぎに注意

これらのポイントに気を付けながら、日々の生活の中で上手に水分摂取をしていきましょう。