看護師による糖尿病療養指導の現場から

2016/8/30
糖尿病と中性脂肪の関係

「中性脂肪が高いんだけど、どうしてだろう?」という質問をよく受けます。
「前日の食事も関係しますから・・」というお話をします。夕食で脂肪、糖分、カロリー、アルコールなど摂りすぎていなかったかを確認します。

糖尿病では、どうして中性脂肪が高くなるのでしょうか?
中性脂肪は、「脂肪」とついているものの、脂肪分の摂りすぎだけでなく、炭水化物の摂りすぎも原因となります。炭水化物は、エネルギーとして使われ、余った糖分が中性脂肪になりますので、炭水化物を必要以上にとらないようにしましょう。

また、体の中の脂質の流れが関係します。
脂肪は水に溶けないので、血液中では、たんぱく質に包まれた状態「リポ蛋白」という状態で存在し、全身に運ばれていきます。血液中の中性脂肪の量は、LPL(リポ蛋白リパーゼ)という、脂質分解酵素によって調整されています。LPLが、血液中に流れてきたリポ蛋白を分解することで、中性脂肪が増え過ぎないようにしています。
このLPLは、インスリンによって作用されます。
肥満により、インスリンの働きが悪くなることで、このLPLも減り、中性脂肪を増やすことにつながります。
中性脂肪の目標値としては、「空腹時採血の検査で150mg/dl」という数値が示されています。糖尿病に伴う中性脂肪高値の治療の基本は、糖尿病そのものを治療し、血糖コントロールをすることになりますので、食事療法、運動療法が基本です。