新しい糖尿病治療(週一回の皮下注射ビデュリオンR)
〜週1回の注射〜

この新しい注射薬週一回の皮下注射ビデュリオンは、より長い時間一定の力で働くことが特徴のインクレチン(リスキミアアナログ)です。インクレチンとは、食事にあわせインスリン分泌を促すものです。

その他、新しい糖尿病治療薬についてはこちら


7日間も効果が持続した

驚くことに週一回の皮下注射ビデュリオンは、7日間も効いていると報告されています。
ですから適切な患者さんに上手に使うことができれば 『注射の手間を減らす』『飲み薬を止める』などの期待ができます。 特に肥満の方、在宅医療などで使用が期待されています。

実際当院では既に、複数の患者さんで使用させていいただいています。
そして多くの患者さんで良好な結果を得ています。


週一回の皮下注射ビデュリオンを試してみたい患者様を応援いたします

今後も当院では、この新しい治療を試してみたい患者さんを全力で応援するつもりです。
ご興味があればぜひ、一度ご相談ください。


週一回の皮下注射ビデュリオン®の使用報告(2013/7/19)についてはこちらをご覧ください
週一回の皮下注射ビデュリオン®使用報告(2013/10/17)についてはこちらをご覧ください



週一回の皮下注射ビデュリオンに関するQ&A

Q.どうして血糖値が下がるのですか?
A.インスリンを出すように促す作用で、血糖値が低下します。
この薬はインクレチンと呼ばれるもので、血糖値が上昇する時だけ腸の壁から分泌されるものです。
このインクレチンが、すい臓に直接働きインスリンを出すように促すことで、結果として血糖値が低下します。
Q.HbA1cは、どのくらい下がるの?
A.患者さんにより異なりますが、報告では1.0〜2.0%程度が多いようです。
Q.私は使えますか?
A.インスリンを分泌する力のある患者さんでしたら使用可能と考えます。
   ただし、現在ものすごく血糖値が高い方やケトン体の出ている方など、
   その他検討しなければならないこともたくさんあります。一度、御相談下さい。
Q.値段はいくらぐらいですか?
A.一般の保険診療で、3割負担で9,000円〜1万円/1本、
   1割負担で3,000〜4,000円/1本となると思われます。

Q.すい臓に優しいというのは本当ですか?
A.インクレチン製剤全般に言えることですが、その可能性はあります。
   動物実験等においては、ある程度証明されていると考えます。
   しかし、ヒトで正確にインスリンをつくる細胞の量が増えたとの証拠はまだありません。
Q.痩せるってホント?
A.リスキミアアナログ製剤全般に言えることですが、体重の減少が見られる方多いです。
   ただし体重減少の効果は、既に発売されている1日2回のバイエッタ®がより強いと思われます。
Q.心筋梗塞を防ぐかもと聞いたのですが?
A.インクレチン製剤全般に言えることですが、その可能性はあります。
   動物実験では、証明されています。現在、患者さんの協力のもと、大規模研究が実施中です。

Q.新しい薬だけど、安全性は大丈夫か?
A.おそらく大丈夫です
元々お薬ですので100%安心とはなりませんが、通常の薬剤開発に則った適切な安全性の評価には合格しています。しかし、よりたくさんの患者さんに使われた後に副作用が見つかるケースもあります。
よって『おそらく大丈夫です』という表現が適切だと思います。
また、ゆっくり溶けるという方法を使用していない薬(バイエッタR)は既に市販され数年間使用されています。
そして、その薬では、大きな副作用等は報告されていません。
よって『ゆっくり溶ける』システムに問題がなければ、安全である可能性は高いと思われます。