なぜフットケアが必要なのか?

第4回西南部臨床糖尿病研究会資料より

糖尿病治療目的は?

アセスメント方法

足の状況アセスメントポイント

  • 糖尿病神経障害はないか、末梢神経障害はないか
  • 皮膚の損傷はないか(圧迫、ずれ、外傷、熱傷など)
  • 身体防御機能(皮膚機能、免疫機能、細胞再生力など)

実際に足を診ることが大切です!!
足の甲と踵(かかと)や、足の指の間、足の爪の一本一本。
爪の色や長さ、熱感や冷感はないか、白癬(白癬様)ないか診て下さい。

「糖尿病フットケア技術」、「糖尿病のフットケア」より引用

生活状況のアセスメントポイント

  • リスクとなる靴を履く仕事や趣味はないか
  • 足の圧迫やずれを増す生活状況はないか
  • 足の血管障害を起こしやすい生活状況はないか
  • 足の清潔が保ちづらい生活状況はないか
  • 外傷、熱傷など危険がおよびやすい生活状況はないか

全身状況アセスメントポイント

皮膚損傷の原因となる身体状況
→姿勢、歩き方の変化による足の荷重増加など

身体防御機能低下にかかわる身体状況
→高血糖、低栄養、末梢神経障害など

「糖尿病看護フットケア技術」より引用

セルフケア状況のアセスメントポイント

セルフケアに影響する身体状況
→運動機能障害、視力障害、認知障害など

  • セルフケアが必要なことを知っているか?
  • セルフケアの方法を知っているか?
  • 実行しづらい状況があるか?

「糖尿病ケア看護フットケア」より引用

4月〜9月までの実施状況

自覚症状

簡易検査での異常

日常フットケア10カ条

  1. 毎日、足をよく観察しましょう
  2. 毎日、足を洗い清潔を保ちましょう
  3. 風呂の湯でやけどをしないように
  4. こたつや電気カーペットは火傷の原因、他の暖房器具を使いましょう
  5. 裸足で歩かないようにしましょう
  6. 胼胝やうおのめは病院で処置を
  7. 爪は少しずつ一直線に切って、後はヤスリで爪の変形に気をつけましょう
  8. 視力障害があれば爪切りは家族に
  9. 足にあった靴をはきましょう
  10. 足に傷が出来たら消毒して、直ちに受診