頭痛について

頭痛に悩む人は、日本で約3,000万人いると言われています。
頭痛と一口に言っても、その症状はさまざまで、原因も対策もそれぞれ異なります。
ここでは頭痛の種類と症状について説明していきます。


頭痛の種類と症状

頭痛は主に3つに分けられます。

頭痛のタイプ 片頭痛(偏頭痛) 群発頭痛 緊張型頭痛
痛みの症状 締め付けられるような重い痛み 脈に合わせてズキンズキンとする痛み 目の奥をえぐられるような、かなり強い痛み
痛みの部位 頭の両側 頭の片側が多いが、両側の時もある ほとんど頭の片側
痛みの頻度 ほぼ毎日痛む 月に1〜2回年に数回 数年のうち1〜2ヵ月だけ毎日数時間激痛が走る
痛みに伴う症状 肩こり・首筋のはり・めまい・耳鳴り等 吐き気・嘔吐を伴い、光や音に敏感になる 結膜充血・流涙・鼻汁・発汗

この他に、以下のような頭痛もあります。


  • 良性労作時頭痛
    スポーツに伴って起こる突発性・拍動性の頭痛。水泳などに多い

  • 後頭神経痛
    神経痛の一種

  • 薬物性頭痛(慢性連日性)
    片頭痛薬などでかえって頭痛が起こってしまうもの

  • 気分の落ち込みに伴う頭痛


なお、「突然、頭が割れるように痛い」「手足に力が入らない」「言葉がはっきりとしゃべれない」「めまい・耳鳴りがして立ちあがれない」などの症状がある時は救急病院へ受診しましょう。

頭痛は、原因や症状をきちんと調べ対策を取ることで、症状を和らげることが十分可能です。
慢性的な頭痛で悩んでいる人は、たけおクリニックまでご相談ください。