うつ病チェック

これは診断基準のひとつとして用いられているものです。
最近の2週間を振り返って、それぞれいくつ当てはまるかを計算してみてください。


憂鬱な気分   Yes / No 
何をしても楽しくない、又は何かをしようという気がない   Yes / No 
疲れやすい上、何かをするのがおっくう   Yes / No 
集中力と注意力が減った   Yes / No 
自分は大したことない人間だと思い、自分に自信がない   Yes / No 
価値あるものなんて何もないと思い、罪の意識もある   Yes / No 
将来に希望がないと思い、悲観的な気分だ   Yes / No 
自分を自分を叩いたり、刃物などで傷つけたことがある
自殺を考えたり、実際に試したことがある
  Yes / No 
睡眠障害がある(寝付きが悪い、夜中に目が覚める、目覚めるのが早すぎる等)   Yes / No 
食欲がない   Yes / No 

結果の計算方法

★、☆それぞれ2つ以下の場合                   :      軽症
★が2つ、☆が3〜4つ当てはまる場合         :      中程度
★が全て、☆が4つ以上当てはまる場合      :      重症



たけおクリニックでの診断

うつ病の患者様は、うつ病にかかっていても8割の方が「自分はうつ病ではない」と思っていらっしゃるという報告があるように、自覚しにくい病気で、まわりから見ていてもわかりにくいです。

しかし、治療すれば良くなる病気です。
だからこそ早めに見つけて治療することが大切になります。
もし寝付きが悪い、夜中に目が覚めるなど、しっかりとした睡眠を取れていない場合は、リズム日記を付けてみましょう。

リズム日記ダウンロード(クリックするとPDFファイルが開きますのでダウンロードしてご利用ください)

長崎大学の研究ではうつ症状の患者さんが初めて受診した科は、内科が最も多く65%でした。
この調査からも分かるように、うつ症状のある患者さんの多くが身体症状を感じ、まず内科を受診しています。

だからこそ、まだ症状が軽い間に是非、内科にいらしてください。
この段階であれば行動療法と少量の薬を用い、短期間での改善する場合も多いのです。

たけおクリニックでは、出現した症状に合わせ治療をご提案いたします。
ご希望があれば、お気軽に漢方薬等の他の療法もご相談ください。



うつ病についてはこちら