リラックスするために、まずできること

「忙しくてしかたがない」
「大変なことが起こってしまった」
「私以外、誰もいない」

こういう状況にさらされる人は、神経が緊張しすぎて、リラックスすることが出来なくなってしまいます。
気持ちが走りすぎて、心と身体が離れてしまうように感じたり、本当に地に足がついていない感覚を覚えます。そして、この状態が長く続くと、エネルギーを使い果たし、動けなくなったりします。

でも、これは当然のことです。
そして、誰にでも起きることなのです。
ですから、まずは心を、今この瞬間に集中させてください。

そして今の自分に気づき、神経の興奮を鎮める時間を作りましょう。
急くお気持ちはわかります。
でも、だからこそ3分でいいので時間を作ってください。
いつでもいいので時間を作ってください。
朝起きたときで、寝る前でも構いませんので、3分だけ時間を作ってください。
そして、下に書いてあることを何か一つ試してみてください。


1.ゆっくり深呼吸する
2.楽な姿勢でゆったりする
3.バタフライハグ(腕を胸の前で交差し、右手で左の肩、左手で右の肩を触る)
4.先祖や大いなるものに祈る
5.希望を持つ(これからは大丈夫だと信じる)


さらに、もう少し時間が取れれば、以下のような事をしてみましょう

1.何か楽しい事に集中する
あの映画やあの懐かしい音楽、見たかったテレビ番組等を見る・聴く
女性の場合は、スキンケアやネイルなどをするのも良いでしょう

2.誰かと話す
内容は、他愛の無い話でも何でも良いです。自分が思ったことを口にしましょう

3.身体を動かす
難しく考えず、ただ歩くので十分です。ジョギング、ストレッチもおすすめです

4.おいしいものを食べよう
食欲を満たせば、幸福になれます。

5.寝ましょう
ぐっすり眠れば、脳や身体の疲れが取れます。
寝ることは、身体にとって一番のストレス解消法と言えるかもしれません。



注意点として食べた直後に眠るのは、身体の疲れが残りやすいので、なるべく控えた方が良いでしょう。
脳が眠りについても、食べ物を消化吸収するために胃腸が働き続け、そのせいで朝起きたときに身体に疲労が残る場合があるためです。

できれば食事は寝る3〜4時間前までには済ませておきましょう。
また、イライラした状態で布団に入っても、なかなか寝つけず、余計にストレスを感じるので、温かい飲物や少量のお酒、お香やアロマを使う、お風呂にゆっくりつかるなどして、自然と眠気が出てくるよう、自分に合ったリラックス法を行いましょう。