風邪?〜その特徴など〜

誰もが知っている「風邪」ですが、明確に説明することは難しいと思います。このページではその風邪について詳しくみていきます。


いったい「風邪」とは何でしょうか?

よく使う言葉ですが、必ずしも正確な定義があるものではありません。専門の学会でさえ「鼻からのどにかけての空気の通り道、つまり上気道といわれる呼吸器の感染症」と記載しています。風邪にはいくつかの特徴があります。


  1. 原因が一つの病原菌でなく、それも見つけること(決定すること)が難しい
  2. 様々な症状が出る
  3. 治療法が決まっていない

風邪とは、ウィルスによる軽度の感染症

その多くがウイルス性感染症ですが、非常に多くの種類のウイルスが原因となります。そして多くの場合、自然に治っていきます。ですからワザワザ高価な検査を行い正確なウイルスの名前を決定することがありませんし、必要もないとされているようです。
また、いろいろなウイルスが含まれるため、症状もそれぞれ異なります。アレルギーのある方は追加的な症状もあらわれる場合があります。ですから結果として、毎回異なる症状が現れることが多くなります。
原因のウイルスがはっきりしていない訳ですから、治療法もはっきりお示しすることができません。よって原則的には、根治療法はないと考えて問題ありません。ですから、ほとんどの場合、処方される薬は『症状を軽くするためのもの』と考えられます。