漢方薬と糖尿病について

漢方薬では、直接血糖値を下げるという処方はありません。ですが糖尿病を起こす原因の一つである肥満に対しての処方や、糖尿病によって起こる痛みや神経の障害に対しての処方、合併症予防のための処方が行われています。


漢方薬の選び方

  • 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
    下半身のしびれ、尿の多い人に良いとされています。

  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
    上記に加え、更に冷えが強い場合に良いと言われています。

  • 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
    西洋薬を含め、『こむらがえり』のもっともポピュラーな漢方薬です。

  • 抑肝散(よくかんさん)
    イライラのある人に良いと言われています。

たけおクリニックでは、漢方薬だけでなく、食事療法・運動療法・必要があれば西洋薬を加え、きちんとした病気の管理を行っています。その過程には減量の指導や合併症の管理、そして自覚症状の改善に積極的に漢方薬を用い、より良い生活の維持にためのご相談を行っています。


糖尿病に関するコラムはこちら