漢方薬と夏バテについて

夏バテとは、元来「暑い夏の盛りを過ぎ、秋になっても体調が優れない」ことを言っていました。
しかし、最近では暑さそのものによる体調不良を指すようになりました。
原因としては、暑さによる食欲低下(栄養不足)・不眠・自律神経の不調等が重なり、体力を消耗した結果、バテてしまうからと言われています。

また、これらに加え、漢方では熱が体に溜まっているかどうかも考慮して処方することが多いようです。

漢方薬の選び方

  • 清暑益気湯(せいしょえっきとう)
    だるさ、食欲低下、下痢、夏痩せの方に良いと言われています。
    暑気あたりに効果があると言われています。

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
    体力が落ち、寝汗のひどい人に良いと言われています。

その他、六君子湯(りっくんしとう:胃腸が弱く、手足が冷える方)、真武湯(しんぶとう:四肢の冷え)等があります。


たけおクリニックでは、漢方薬を処方するだけでなく、必要な場合に食事のお話なども行い、生活全体を整えることで、より良い夏の過ごし方を相談させていただいております。


夏バテに関するコラムはこちら