漢方について

漢方とは、生薬を用いて病気の治療を行う医学を指します。(一部例外もあります)
漢方医学は、病気や患者さんについて、経験的に体系化された考え方をもって治療するものです。
この体質や病態を、陰陽、虚証・実証(きょしょう・じっしょう)という観点から分類して治療法を考えていきます。

西洋医学は身体の部位、漢方は全身を診る

現代の医学的な病名に対応するのではなく、皆さんの訴えに対して、西洋医学的病名が不明でも全身状態の診察から投薬治療が可能となります。

ここでご理解いただきたいのは、漢方だけですべてを治すことは困難です。
そして、西洋医学の方が優れている領域もたくさんあります。
実際、多くの方には西洋医学で治療を行っています。

西洋医学、漢方それぞれの良さを生かす

西洋医学的な治療を受けても治らない、または治りが悪い患者さんもおられるでしょう。
その方々は漢方を試されても良いのではないでしょうか。
場合によっては、漢方薬を用いると、西洋薬の数が減ることもあります。

ご興味がある方は是非一度受診してください。

クリニックでお出しする漢方薬は、すべて保険証が使えます。
全身状態の診察で、お薬をお出しできますので、西洋医学的な診療科は問いません。
内科、整形外科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科などのお悩みも、お気軽にご相談ください。