麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)

ワクチンの効果と副反応

麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)は、1回の接種で、麻疹と風疹に対する免疫を獲得することができます。
副反応としては、ワクチンの接種直後から数日中に発疹、じんましん、紅斑、かゆみ、発熱などがみられることがあります。
全身症状として、接種5〜14日後に1〜3日間のだるさ、不機嫌、発熱、発疹、また局所症状として接種部位に発赤、腫張、硬結などがみられることがあります。
また、非常にまれですが、ショック、アナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難、血管浮腫など)、急性血小板減少性紫斑病、脳炎、発熱を伴うけいれんがみられることがあります。


予防接種を受けるときの注意

  • 麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)の必要性や副反応について不明な点がある場合は、
    接種前にご相談ください。
  • 当日は体調をよく観察して、普段と変わったところのないことを確認してください。
  • ご婦人の場合、あらかじめ約1ヵ月間は避妊しておくことが望ましいです。

予防接種を受けることができない人

  • 37.5℃以上の発熱のある人
  • 重篤な急性疾患にかかっている人
  • 過去に麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)に含まれる成分で、
    アナフィラキシーなどアレルギーを起こしたことがある人
  • 妊娠している人
  • 免疫不全などの診断を受けた人または免疫を抑える治療を受けている人
  • その他、医師に予防接種を受けることが不適当と判断された人

予防接種を受ける際に、お医者さんとよく相談しなくてはならない人

  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などの病気がある人
  • 予防接種や薬の投与または食事で湿疹が出るなど、異常をきたしたことのある人
  • けいれんを起こしたことがある人
  • 免疫不全と診断されたことがある人および親戚等に先天性免疫不全の人がいる人
  • 麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)に含まれる成分でアレルギーを起こすおそれのある人
  • 妊娠の可能性のある人
  • 気管支喘息のある人

予防接種を受けたあとの注意

  • 注射後10分間は病院にいるなどして、必ず様子を観察しましょう。
  • 注射後2〜3週間は、副反応の出現に注意しましょう。
  • 当日の入浴は可能ですが、注射した場所をこすることはやめましょう。
  • 当日は接種部位を清潔に保ち、いつも通りの生活をしましょう。
    ただし、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。
  • 高熱やけいれんなどの異常な症状が出た場合、すぐに病院へ連絡し受診してください。
  • ご婦人の場合、接種後2ヵ月間は妊娠しないように注意してください。

麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)の問診票のダウンロードはこちら(PDF)

今月の目標

問診票ダウンロードはコチラ
各種問診票のダウンロードができます。
印刷・ご記入の上ご来院頂くと便利です。
一般内科の問診票のダウンロードはこちら
糖尿病の問診票のダウンロードはこちら
MRワクチンの問診票のダウンロードはこちら

にんにく注射・プラセンタ注射

ED治療薬のバイアグラ レビトラ シアリスも取り扱っております。
それぞれの薬の比較はこちら
EDセルフチェックはこちら

三軒茶屋駅・駒沢大学駅からたけおクリニックまでのアクセス方法

三軒茶屋駅から徒歩1分
自転車でお越しの方は、西友の左手にある「エコステーション21」をご利用ください。

東京都世田谷区太子堂4-22-7森住ビル3F

>車いすでお越しの方へ


患者様の声

Powered by 口コミ病院検索QLife