看護師による糖尿病療養指導の現場から

2018/2/27
麻痺がある患者様にインスリンってどうやって打つ?

今回はちょっと違う方向からの現場紹介です。

先日、地域の勉強会に出席したときに、
参加者から聞かれました。

患者様の個人差があるとは思いますが、
どこまでできるかが目安であり、ご本人の意欲が問われてきます。

どうやっておなかを出すかがポイント

インスリンの固定や針の付け替えは、紹介されています。

大きな洗濯ばさみのようなものを使用することもできますが、
力の弱い方には不向きです。

服をめくっておなかを出す簡単な方法

  • 1.長いゴム紐を「輪」にしてネックレスのように重りを付ける
  • 2.「輪」を首にかけ、重りを服の内側に落とす
  • 3.下に落ちてきた重りを服ごと持ち上げ、「輪」を再度首にかける

すると・・・・
裾が上にまくれあがり、おなかがでます。

戻し方は簡単。
ゴム紐を頭から抜けばいいんです。

ちょっとした工夫ですね。
これは、訪問看護師の友人から教えてもらいました。
自宅にあるもので工夫する技って大切ですね。